チワワが好きの枠
 
家庭でできるグルーミングの方法
チワワ犬種まにゅあーる

ボディケア

チワワの犬種や飼い方など、ペット・犬好きの人へ!

V ボディケア

耳のケア

チワワは立ち耳なので、耳が汚れにくい犬種です。トイプードルやヨーキーなどの垂れ耳の犬種は耳が蒸れて汚れやすい。

汚れにくいといっても、月に1,2度の耳掃除は必要です。

犬の耳の中は人間よりもデリケートで傷つきやすいので注意が必要です。トリマーや獣医はカンシという道具にカット綿をまいて掃除します。

自宅で耳掃除する場合は、めん棒にカット綿を巻きつけ、市販のペット用イヤーローションを軽く付けて優しくふいてあげてください。

めん棒では硬すぎて、耳を傷つけてしまう可能性があるので、カット綿を巻きつけて柔らかくしています。犬の耳掃除はとにかく優しくふく事が基本です。

歯のケア

チワワのように小顔で歯の小さい犬種は歯が汚れやすいです。

歯磨きは仔犬の頃から練習しておかないと、大人になってからでは教えるのが難しくなってしまいます。仔犬の頃から歯を触るようにして、口に触られる事に慣らしておきましょう。

歯が小さな犬には歯磨きには歯ブラシを使うよりも、ガーゼを使った方がやりやすいです。

歯磨きは、食べカスを取るのではなく表面のネバネバを取るのが目的です。表面のネバネバはプラークと呼ばれますが、このプラークが残っていると歯石になってしまうのです。

爪のケア

爪切りは月に1,2回行うようにしましょう。市販の犬用の爪切りを使ってください。

後ろ足は散歩の際に削れるので前足の方が良く伸びます。チワワは透明な爪の子が多いですが、横から赤い血管が見える場合は、血管の少し手前を目安に切ってください。

血管ギリギリを狙うと、出血する場合があります。爪は地面についてさえいなければ問題ありません。

爪切りで難しいのは、黒い血管が見えない爪のチワワの場合。

黒い爪は、切り口を見ながら少しずつ切ってください。そのうちつるんとした白い輪が見えてきますが、それが血管なので、うっすらと血管が見えたらストップです。

自信がなければやすりで削って短くしても良いでしょう。


スポンサードリンク

 
チワワが好きの枠